【罪になる可能性も?】自己破産前にやってはいけないこと5つを解説!

自己破産

【罪になる可能性も?】自己破産前にやってはいけないこと5つを解説!

  • 現在、自己破産を検討している
  • 自己破産前にやってはいけないことがあるのか知りたい
  • 手続きをスムーズに進めたい

今回は、このように考えている方に向けて「自己破産前にやってはいけないこと」について解説します。

のけっつ
のけっつ

やってはいけないことなので、手続きをスムーズに進めたい方は絶対にやらないようにしましょう!

では早速解説していきます!

①財産等の名義変更

自己破産で処分される対象となるのは、自己破産する本人の財産なので、自己破産前にその名義を変えてしまえばいいのではないかと考える方もいるかもしれませんが、これは財産隠しの行為として違法となります。

のけっつ
のけっつ

できれば自己破産前の約2年間は名義変更はしない方が良いでしょう。

あとは、預金の移動も注意が必要です。

自己破産手続きでは、必ず通帳を提出しますので、その時に不自然なお金の移動があれば何でそうしたのか疑われてしまいます。

もちろん、正当な理由なら問題ないですが、もしそうでないなら絶対にしないでおきましょう!

のけっつ
のけっつ

悪質な財産隠しと判断された場合は、詐欺破産罪の罪に問われる可能性もあります。

②財産を処分する

財産を処分したり譲るといった行為もしてはいけません。

この行為も、財産隠しとして罪に問われる可能性があります。

本来は、自己破産手続き前であれば、自分の財産は自由に処分できるのですが、処分した結果、債権者が不利になってしまう場合は免責不許可事由に該当してしまいます。

債権者が不利にならない処分であれば問題はないです。

のけっつ
のけっつ

状況によっても変わりますが、心配であれば弁護士などの無料相談で確認してみるのが一番確実です!

③一部の債権者だけに返済する(偏頗弁済)

自己破産を依頼したら、借金の返済をすべてストップしなければなりません。

のけっつ
のけっつ

友人や家族からの借金も対象なので注意です!

自分で払える借金だけ完済してしまおうとして、一部の借金だけを払ってしまう方がいますが、これもしてはいけません。

偏頗弁済(へんぱべんさい)といい、免責不許可事由にあたるため、自己破産ができなくなる可能性があります。

バレないと思っていても、してはいけないことは後々バレると思った方がいいです!

のけっつ
のけっつ

何か返済で気になることがあったら、後で困らないためにも事前に弁護士などに相談しましょう!

④自己破産前に新たな借金をする

自己破産などの債務整理を考えているのにも関わらず、新たに借金をすることもしてはいけません。

のけっつ
のけっつ

自己破産して借金ができなくなる前に借金しておこうなんて考えちゃダメです!

免責不許可事由にもあたりますし、悪質と判断された場合は詐欺罪になってしまう可能性もあります。

最後の最後に借金したい気持ちもわかりますが、ここはグッと堪えて自己破産に臨みましょう!

あとは、クレジットカードの利用も新たな借金となるので、できるだけ利用を控えた方が良いです!

のけっつ
のけっつ

そのすべてが自分のためになりますし、自分に返ってきます!

⑤裁判所や弁護士の指示に従わない

これも正直当然といえば当然のことなんですが、裁判所や弁護士などからの指示は必ず従うようにしましょう。

手続きのために書類を各所から集めたり、提出をすることがありますし、弁護士などに呼ばれて事務所で話をする機会もありますが、その際は先延ばしせずできる限り迅速に対応する方がいいです。

のけっつ
のけっつ

連絡があっても無視をしたり、提出期限を守らないのはやめてくださいね!

結局は人と人のやり取りなので、信頼関係を損なうような行為は避けて、スムーズに手続きが進むように努めましょう!

のけっつ
のけっつ

すべては自分のため。

無借金生活の未来のためです!

まとめ:自己破産前にやってはいけないことはしないのが鉄則!

自己破産前に上記の5つのような行為をしてしまうと、免責不許可事由となり免責許可がおりない(自己破産ができない)可能性があります。

免責不許可事由については以下の記事でも解説していますので、よければどうぞ。

ブログ:【失敗する確率は約3%】自己破産ができないケースを実体験を元に解説!

のけっつ
のけっつ

せっかく勇気を出して自己破産手続きをしたのに、できなかったらほんとにもう…悲しすぎます。

なので、自己破産ができないとなる前に、今回お伝えした5つのことは絶対やらないようにしましょう!

そして、自己破産できなくなってしまうのも厳しいですが、それ以上に悪質な行為と判断されてしまった場合に罪に問われてしまう方がもっとキツイと思います!

のけっつ
のけっつ

詐欺破産罪として刑事罰の対象にもなります。

そうならないためにも、自己破産手続きは誠実に嘘をつかずに取り組みましょう!

のけっつ
のけっつ

悪いことをしたら必ずバレる!そう思っておいた方が身のためです。

それが、今の借金生活からスムーズに抜け出すことにつながりますから!

あとこれは経験上なのですが、借金問題で何か困ったら弁護士や司法書士など専門家に相談できれば相談するのが一番間違いはないです。

なぜなら、自分の状況に合った問題解決方法を教えてくれるからです。

のけっつ
のけっつ

僕は自己破産の一択でした。

借金のことってなかなか相談できないですし、行動するのも腰が重いですよね。

のけっつ
のけっつ

僕も最初は怖くて弁護士にいきなり相談には行けませんでした…。

でも何か行動を起こして借金の問題を解決したいと思っていました。

僕の場合はまず何をしたかと言うと「借金減額診断」というものをしてみました。

のけっつ
のけっつ

どんなきっかけでもいいから、借金地獄から抜け出す足がかりがほしかったんです。

借金減額診断でわかることは以下3点です。

・過払金が発生していないか
・債務整理によって借金を減額できるかどうか
・どれくらいの借金を減らすことができるのか

いきなり弁護士に相談するのはハードルが高いと思う方は一度やってみてください。

僕は、この減額診断をしたことが借金地獄から抜け出すきっかけになりました!

【質問は3つだけ】借金がいくら減額できるかシミュレーションしてみる

   

今回の記事が、借金の苦しみから抜け出す何かひとつのきっかけや参考になれば幸いです。

以上、今回は「自己破産前にやってはいけないこと」をお伝えしました。

僕が借金地獄から抜け出せたきっかけは、【結果まで1分】借金減額シミュレーション早くすれば良かったと後悔した話【無料】の記事をどうぞ。

のけっつ
のけっつ

心や体を壊したら、借金返済もできないですから!

あなたが借金から解放されて平穏な暮らしができることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました