【経験者は語る】自己破産は恥ずかしいことでも無責任なことでもない!

借金返済

【経験者は語る】自己破産は恥ずかしいことでも無責任なことでもない!

  • 自己破産なんて恥ずかしくてできない
  • 自己破産をするなんて無責任だ
  • そもそも借金すら恥ずべきことだと思っている

自己破産をこのように思っている方に伝えたいことがあります。

のけっつ
のけっつ

正直なことを言うと、僕も最初は自己破産なんてしたくなかったです。

僕自身、自己破産はどう考えても良くないし、恥ずかしいとさえ思っていました。

のけっつ
のけっつ

借金してることですら誰にも言ってないのに…。

でも実際、借金返済はもう限界を超えていましたし、心身の状態も崩しかけていました。

自己破産(債務整理)はしたくないというプライドにこだわってもいられなくなりました。

【断言します】自己破産は合法的な借金解決方法です!

自己破産した今だからこそ言えることですが、自己破産(債務整理)は国の法律に準じて合法的に行われているものです。

ですので、自己破産をすると罪になったり、前科がつくなんてことはありません!

のけっつ
のけっつ

自己破産は犯罪ではないですからね!

国が認めている借金救済の手段なのです。

なので、本来は恥ずかしいことではないですし、ただただ法律に従って行動したにすぎないものなのです。

のけっつ
のけっつ

国が認めてるんだったら、何も恥じることはないはずです。

そして、2021年の個人の自己破産件数は6万8240件ありました。

資料:多重債務者対策をめぐる現状及び施策の動向より引用

僕はこの数字を見て、こんなにいるんだ!と感じました。

電車で隣に座っている人ももしかしたら自己破産してるかもしれませんよね。

これをめちゃくちゃポジティブに捉えると、自分の周りにも自己破産してる人がいる可能性は十分にあり得るということです。

のけっつ
のけっつ

ある意味、仲間意識。

なぜ恥ずかしい・無責任だと思うのか考えてみた

じゃあなぜ自己破産(債務整理)は恥ずかしいや無責任だという風に思うのでしょうか。

のけっつ
のけっつ

たしかに、僕自身も恥ずかしいし人には言えないことだと思っていました。
借金してることも誰にも言ったことなかったです。

恥ずかしいと感じるのは、他人にバレた時を考えた時に劣等感を感じたり、いけないことをしてしまったと思っているからではないでしょうか。

無責任だと感じるのは、借りたお金は絶対返さないといけない、それを返さないなんて絶対ダメだ!と思っているからではないでしょうか。

もちろん、借りたお金を返すのは当たり前のことです。

でも、借金を返済するために、自分の心身を削りすぎて生きた心地がしない、体を壊してしまうのは、僕はちょっと違うかなと思います。

人生で一回も失敗しないなんてあり得ません。

お金で失敗したとしても、またやり直せばいいんです。

のけっつ
のけっつ

国も、制度を利用してまた再スタートして良いよって言ってるんです!
なので、なにも恥じることも無責任だと思うこともないんです!

そして実際に自己破産してみた今言えることは、そもそも自己破産したことを他人に言う必要もまったくないということです。

わざわざ言う必要はないですし、そんな話題にもならないですよね。

友達や会社の人にバレたらどうしようとか最初は思っていましたが、今までバレたことは一回もありません。

のけっつ
のけっつ

自分が言わない限りは、ほぼほぼバレる可能性はないです!

安心してください!

ちゃんと国が守ってくれてますから!

【まとめ】自己破産は恥ずかしくないし無責任でもない!

僕たちは自分の人生を生きています。

本来、他人にどう思われようがまったく関係ないはずです。

誰かに何を思われようが、自分が気にしなければそれは無いものと同じです。

たとえ何かを思われたとしても、きっと一週間、数ヶ月もしたらあなたが自己破産したことなんてすっかり忘れてます。

一番大事なのは、あなたがあなたらしく生きることです。

借金なんかに潰されないでください。

のけっつ
のけっつ

借金地獄から抜け出し、あの頃の心穏やかな日常を取り戻したくないですか。

そして、あなたはひとりじゃありません。

必ず味方はいます。

最初は僕もひとりで悩み苦しんでいました。

誰にも言えず、精神的にもやられていました。

借金返済で苦しい今の状態から抜け出すきっかけは、ほんの少しの勇気だけです。

僕が伝えられることは何でもお伝えしますので、遠慮せず連絡してください!

明るい未来はきっと来ますから!

僕が借金地獄から抜け出せたきっかけはこちらの記事から

のけっつ
のけっつ

僕は、あなたが借金地獄から抜け出して、自分らしく生きる日常を取り戻すことを心から応援しています!

タイトルとURLをコピーしました